氣力強化で「楽」になれる

このような状態に効果があります。
「やる氣・元氣が出ない」「疲れやすい」「悩みがち」「仕事が苦痛」「自信が持てない」「HSP・エンパス」

詳しくはこちら

京都の摩利支天様「禅居庵」に行ってきました

見えない世界・天意・神様

10月20日、日本三大摩利支天である禅居庵に行ってきました。

この日は、摩利支天像の年に一度のご開帳日です。(今年は亥年の為年始もご開帳があったそうです)他にも護摩焚きがあったりと、年に1度の大イベントですね。

その時の様子を書いていきたいと思います。

摩利支天とは

摩利支天は天部の神様です。

天部は仏教世界の天上界に住み、仏様を守る守護神です。如来や菩薩よりも人に近い位置で守ってくださるようです。

○○天といわれる、例えば、弁天、大黒天、毘沙門天なども天部の神様です。(今年の春に放送されていた「なむあみだ仏っ」というアニメの主役格、帝釈天と梵天も天部ですね)

 

摩利支天様は、陽炎を神格化した神様と言われています。陽炎は捕らえる事が出来ない事から、戦国武将の信仰を集めていたようです。

見えないという形で加護をくださいます。人に攻撃されたり縛られる事もなく、見えない功績を残せるようにしてくれます。

もとはインド密教の女神マーリーチです。マリーチという言葉はインドで「陽炎」や「光線」を意味します。

開運・勝利の神様と言われています。眷属は猪です。

禅居庵(ぜんきょあん)

禅居庵では鎮守として、ご開山が元の国から将来された摩利支天が秘仏として祀られ七百年近くになります。

摩利支天は仏法を護る善神として禅宗では大切にされており、七頭の猪の上に座しておられるそのお姿から境内には多くの狛亥が祀られています。

古来より開運勝利のご利益、また亥歳生まれの方には守り神として深く信仰されています。

禅居庵

参拝時間:午前9時~午後5時 年中無休

京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146
電話:075-561-5556 FAX:075-541-6455

京阪電鉄 京阪本線「祇園四条駅」より 徒歩 約7分
阪急電鉄 阪急京都線「河原町駅」より 徒歩 約10分

10月20京都「禅居庵」の様子


ここが正面門です。
今回、門を入ろうとした時に黄色の蝶が現れて、歓迎してもらえた氣がして嬉しかったです。


亥年という事で、今年は特ににぎわったとか。


摩利支尊天のノボリが連なっています。摩利支天様好き過ぎなのでこれだけでトキメキます。


手水の所も猪です。


猪に入ったおみくじが売っています。


私も買いました。結果は、とにかく「勉強しろ」という事が書いてありました。おみくしは神託でもあるので、勉強をがんばりたいと思います。(心理学系の学校で勉強中です)

猪の像。摩利支天様の眷属なのであちらこちらに猪があります。

 

「神変講社平安連合会の山伏衆」の方による護摩焚きです。煙が凄くて迫力でした。ずっとお経をあげてくれています。

ここまで煙が高く上がれば、護摩の願いも天に届くという感じがします。

 

最後の方です。火が上がって燃えていますね。

まとめ

摩利支天様像の指先に結んだ5色の紐が、参拝者が握れる場所まで伸びていて、ご縁が結べるのがとても幸せな感じがしました。

摩利支天様が発せられていると思う氣が、お寺に満ちて、その感覚が好きで時折通っています。

月初めの亥の日はご縁日として、大般若経全六百巻転読祈祷があります。その後座禅体験(30分程度)が出来ます。

落ち着いた雰囲氣で、瞑想出来ますので興味がある人は行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました