氣力強化で「楽」になれる

このような状態に効果があります。
「やる氣・元氣が出ない」「疲れやすい」「悩みがち」「仕事が苦痛」「自信が持てない」「HSP・エンパス」

詳しくはこちら

鬱かもしれない?その状態での氣の状態と対処法は?

元氣楽塾

鬱(状態)になると「元い、やる氣が出ない」といった無氣力状態になるように感じます。氣力や氣の観点から見る鬱について考えてみます。

鬱状態=無氣力ではない場合

辛かった記憶やこれから先に起きそうな出来事を、ただひたすら考えてしまう事があります。グルグルグルグル…、何の解決策も希望も見いだせないまま、ただ頭の中を同じ事が回る感じです。

こうなってしまえば、何もやる氣が起きません。状態が酷い時は、起き上がれなくなってしまい、ただ寝て過ごしてしまいます。

これは無氣力なのではなく、氣を使う(氣を消費する)場所が違っているだけです。

氣が下の方に留まっている=グラウンディング出来た状態であれば、第2第3チャクラ等、行動力に関係する場所が動かせます。

同じ事がグルグルしているのは、頭部に氣が溜まっている状態です。

この状態では、ぼーっとしてしまいがちになります。足元もフラフラになります。頭部が氣で圧迫されているので頭痛や吐き氣まで患います。

(実際に私がこんな感じに鬱っぽくなった事があるので、よくわかります。

対処法1:体を動かす

適度な運動をする、掃除をする等体を動かすと、上に溜まった氣が降りてきやすくなります。

持久力を付けるような感じで体を鍛えると、氣力も付いてきます。その上、氣が頭部中心に溜まる事もなくなってくるので、楽になります。

私の経験では、一日1~2時間、週に5日くらい、一か月運動すれば頭のグルグルが治まっていました。

(注:第6・7チャクラ中心に使うタイプの場合、運動をやめると半年以内に辛い症状が戻ってきます)

対処法2:深呼吸等をしてグラウンディングしてみる

グラウンディングと言っても、尾てい骨から赤い玉を出して地球に突き刺すものではありません。

これはイメージになるので第6チャクラを中心に使います。なのでグラウンディングとは真逆の方向に進んでしまいます。

ゆっくり深呼吸をするだけでも、氣は落ち着いてきます。

元氣楽塾の丹田思考術もお勧めです。

丹田を意識し腹で考える「丹田思考術」のやり方

対処法3:リアルな金換算をしてみる

現実離れしそうな感じの場合は、いわゆる下衆っっい事を考えるとふわふわ感がなくなる場合があります。

霊が出た時にびっくりするほどユートピア!で除霊が出来るみたいな?(逆効果という噂もあり、私は霊は見えないので試した事はありません)

1人暮らしや、家計を預かる立場ならば、今月もしくは来月の収支を計算してみるとか、お小遣い制ならば、お高めの欲しいものを手に入れるとしたら何か月かかるか、などです。

 

鬱状態=無氣力な場合

何も考えられない、頭の中を何かグルグルさせる氣力さえ残っていない状態です。ここまでくれば、本当に寝込んでしまっている事も少なくないと思われます。

そして頭部を圧迫していた氣の圧力が消えたわけではないので、なんだか頭がぼーっとしてしまいます。

ただ辛い事を考えなくなるのと(もうどうなってもいいしという諦め感が強くなったりもします)キツイ症状は収まりフワフワした感じになる場合もあるので「何だか氣持ちがいい」感じもします。

これも私の過去の体験ですが…。

ただ、この状態では日常生活にかなりの支障をきたすので、何とかしたい所ではあります。

対処法1:氣力を回復させる

 

対処法2:氣力を補充する

 

 

氣の循環を作り強化すると楽になります

鬱状態になりやすかったり、同じ事を考えてそこから抜け出せないのは、やはり上部のチャクラ優勢だからだと思います。

氣力は、第2・3チャクラよりも第6・7チャクラを使う時の方が、はるかに多くの量を消費します。なのでいっその事、自力で生産出来るようになれば驚く程に楽になれます。

第2チャクラが活性化し人生が救われた話
私がチャクラを開発し、氣力強化とカウンセリングで元氣になっていった過程を書いていきます。 第2チャクラとは? 第2チャクラは、生命エネルギーである「氣」を作る場所です。へその下約5~7㎝(丹田・下丹田)に位置しています。 ...

氣の循環を作る

 

氣の通り道の詰まりを除去し、第7チャクラを開く事で、氣の循環が作られます。

上の図の矢印が、氣の循環の流れです。絶えずに氣が流れているので、一か所に溜まりません。グルグル思考もなくなる上に、頭痛も起こりにくくなります。頭部が圧迫されなくなるだけでも、体は楽になります。

その上、体の外側を巡る氣の流れは、バリアの役割を果たします。これで人の氣がどんどん入って来ることがなくなるので、受け取りやすいエンパスの悩みも減っていきます。

氣を生産する

使える氣の量が多い程に、氣力が強くなります。

氣は生命エネルギーなので、増えれば楽になります。エネルギー満タンって事になります。

思考が先に立つ場合は、氣の消費量が半端ないです。

意外に感じるかもしれませんが、体を動かすよりも考える方が氣を多く消費します。何かを感じる等の感受性も、同様に多くの氣を消費します。

なので、感受性が高かったり思考が先に立つ人の場合は、回復・補充では間に合わないのが現状です。(経験者は語る、です)

氣は第2チャクラで作られます。ここを開発し、活性化せさると、まずやる氣が湧いたり元氣になります。やる氣・元氣があると氣分も前向きになるので、鬱状態から抜け出せます。

まとめ

氣力強化をしてみたい方は、お手軽なこのレッスンがお勧めです。

タイトルとURLをコピーしました