家のデグーと猫の人見知りと宅配便への反応

デグーと猫

弱い動物になるほど警戒心が強く、人見知りも激しくなりそうな気がしますが、家のデグーのココはあまり人見知りはしません。

デグーでも猫でも、固体によって人見知り度は全然違うので、知らない人の気配を感じただけでも怖がるデグーちゃんもいます。

hirayamatoneko_tp_v

知らない人と関わる機会といえば、家に宅配便の人が来た時ですよね。

インターネットでペットグッズを買うことが多い我が家に、配達の人が来た時のデグーと猫の反応を書いてみたいと思います。

デグーと宅配便

ココは人見知りをしないどころか、知らない人にチヤホヤしてもらえる事を楽しみにしています。宅配便の受け取りに玄関に出る時にはココも一緒にいるのですが、服の襟からちょこんと顔を出して、わくわくしています。

ですが、ココがあまりに小さいために気がついてもらえない事が多いです。気がついてもらえたとしても、私の顔の下にある物凄く小さい顔にギョッとするという反応です。名前の確認やはんこを押すなどのやりとりをしつつも、宅配業者の人はココをガン見しています。でも、ココには表面的な反応は無しで帰ってしまうのです。

「ありがとうございました」と家のドアを閉める業者の人に、体を伸ばしてアピールしているココがちょっと可哀想になってきました。

ある日宅配の人が来たので、玄関に出ながら、外で待っている業者の人に聞こえるような声でココに話しかけました。
「こんにちはって、挨拶しようか?」

そして玄関を開けると、業者の人はココを見て一瞬固まった後
「えっと…、リスですか?」

業者の人からすれば、小さな人間の子供か、せめて犬か猫くらいの大きさのものが出てくると思ったのでしょうね。

猫と宅配便

人間大好きなココに比べ、猫のユミはものすごく人見知りです。知らない人が家に入って来ると、部屋の隅で小さくなってガタガタ震えている程です。

子供の頃飼っていた猫は人間が大好きで、家庭訪問に来た学校の先生の膝の上に座って接待していたくらいなので、同じ猫でも全然違いますね。

そんな臆病なユミは、もちろん宅配業者の人の事も怖がります。

宅配でペットのものを頼む時は、どうしてもデグーのものが中心になってしまいます。それではユミがかわいそうなので、ユミの好きな物を一緒に注文するか、ユミの好物を買っておいたものを荷物と一緒に出すようにしています。その結果、

チャイムがなって宅配の人が来る=自分のご馳走が来た、という事になってしまいました。

あんなに人見知りなユミが、宅配の人が来た時だけは玄関手前のドアまで来ます。恐るべきご馳走パワーです。

それにしても、「玄関のピンポン=ご馳走」という発想で玄関近くまで行くなんて、猫なのにまるで、パブロフの犬のようじゃないか!と思ってしまいます。(よだれはたらしていないハズですが)

 


怖がらないデグーと怖がりな猫だから上手くいっているのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました