猫の尿路結石や膀胱炎の検査のために必要な採尿の方法は?

デグーと猫

猫の尿検査のために、病院におしっこ持っていかなければいけない!でも猫のおしっこを採取するのは難しい!というのが猫飼いさんの悩みです。

今回の記事は、動物病院の先生に
「とても綺麗におしっこが採れていますけど、どのような方法でやっているのですか?」
と質問された事さえある我が家の採尿の方法も含めて、いくつかの方法を書いていきます。

猫がおしっこをする時に立ち会える場合の採尿の方法

猫がおしっこをするタイミングがわかったりトイレの近くで待機するなどして、猫がおしっこをしている場面に立ち会える場合には、おしっこをしている所に容器を差し出して採ってしまいましょう。

猫によっては飼い主さんの熱い思いを感じ取ってしまい、なかなか上手くおしっこをしてくれない時があります。そんな場合は猫ちゃんを緊張させないように、おしっこをし始めるまでは興味がない振りをしておいた方が上手くいきます。

おしっこをはじめた音が聞こえてきたら、前もって準備していた容器を差し出しで採取します。猫はびっくりするかもしれませんが、やりはじめたら止まらないのでこれで大丈夫です。

受け止める道具として「お玉」がありますが、慣れないうちは猫がどの位置におしっこをするのか解らないので、柄が長いお玉では場所のコントロールが上手くいかない事があります。

私は100均で買った、子供の砂遊びセットのスコップをそれ専用に使用しています。

1473559741995
こんな感じでトイレのスコップにラップを巻いたものを使う事も出来ます。

猫トイレを細工しての採尿の方法

猫が用を足す現場に立ち会うのが難しい場合は、トイレに細工をしてしまいましょう。

従来のトイレ・システムトイレ共通の方法

これが動物病院で褒められた方法です。

1473559283001

家ではシステムトイレを使用しています。砂の入れ替えをするので、すのこ(砂を置く部分)を洗って干しました。ユミが様子を見にきています。

膀胱炎の予防にも!猫のシステムトイレの砂などを節約して安く使う方法
猫のシステムトイレとは 従来の猫トイレよりも清潔に保ちやすい 従来の猫トイレは、箱型の容器に砂を入れ、猫が用足しをして砂が汚れたら、荒い網状のスコップで汚れた部分を取り除くという形で使用します。砂は抗菌作用のあるものやおしっこを固めるも...

 

1473560032457
砂の代わりにコピー用紙をシュレッダーにかけたものを使用します。シュレッダーを使わなくても、細く切ったりこまかくちぎっても大丈夫です。

 

1473565813727
システムトイレならすのこの部分、従来のトイレなら本体を、ゴミ袋の中に入れます。

1473565860758
裏返しました。

 

1473565961117
矢印の方向に、はさみで切り込みを入れました。

 

1473566020120
表に戻しました。裏に切り込みをいれたので、ゴミ袋がトイレ深さにフィットしています。

 

1473566062039
トイレにコピー用紙を入れました。従来のトイレならこれで完成です。

 

1473566161355
すのこをシステムトイレにセットしました。これに用を足してくれたら、ゴミ袋の底にたまった尿をスポイトや、タレビンで採取して終了です。残った紙や尿は、ゴミ袋ごと捨てられます。砂をかくしぐさをする時にビニールが破けそうに思えますが、意外と大丈夫です。

紙に用を足してくれない場合は、猫砂を少量だけ敷いて砂に吸収されなかった尿を(なるべくすぐに)採取する方法もあります。

システムトイレでの方法

1473566218122
すのこの部分に紙を直接置きます。

1470874719541
すのこの下の引き出しにビニールを敷いておいて、後でたまった尿を採ります。

1473566300673
砂代わりの紙では無理な場合は、トイレの砂を少量だけ敷いていつものように用を足してもらいます。これぐらいの量なら、下の引き出しに落ちる砂はごく少量なので大丈夫です。

不純物が混ざりますが、顕微鏡での検査では見えたものが、ゴミなのか病的なものなのかの区別は簡単につくのでそれほど問題はありません。ただし不純物が混ざりすぎると、かなり見えにくくなるので、病気を見逃される可能性も出てきます。

そんな事がないように、なるべく綺麗な尿を信頼出来る病院で検査してもらってくださいね。

病院選びはやっぱり大切!猫の血尿や尿路結石の検査と治療
家の猫のユミはF.L.U.T.D(猫の下部尿路疾患)の1つであるストルバイトの結晶が尿中に出てしまい、今も療法食でPHコントロールを行なっています。 ここ2年ほどストルバイトも尿潜血も再発する事がなくてほっとしていますが、数年前は、尿...

 


尿は時間が経つと、細菌の影響などでPHや成分が変わります。可能ならば当日の物、少なくとも前日のものを検査してもらうようにしてください。
気温が高い時は冷蔵庫に保存して、精度の高い検査をしてもらえるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました