ペットの生まれ変わりと再会のための厳しい3つの条件

デグーと猫

今日は早起きして、怖い話のラジオを聴いていました。

1471193153377
なぜか私のひざの上(のカゴです。ユミはカゴごとひざの上に乗るのが好きなので)で抱き合う2匹。しかもめずらしく猫のユミからの抱っこのお誘いでした。こんな事月に1度もありません。変な空気流れてたのかなぁ、ごめんよー。

お盆という事で、今回の記事は霊的なことを書きます。

ペットの生まれ変わりはあるのか?そして再会はあるのか?

私はあると思っています。今、私の肩の上で寝ているデグーのココが、初代デグーのチョコの生まれ変わりと思っているからです。どうしてそう思っているかという経緯を書こうと思います。

初代デグー、チョコとの別れ

チョコは、生後2ヶ月の時にショップからお迎えした子でした。

ケージ内での落下事故を数回おこし、片手を上にあげるしぐさが気になったので動物病院へ連れていきました。

その病院は不運にも、チョコとはあまりにも相性の悪い病院でそこでの処置の結果、命にかかわるほど具合が悪くなってしまいました。

別の病院へ、それこそ藁にもすがる思いで連れていきました。そこで2ヶ月にもわたる治療により奇跡的に回復しました。

が、130gもない小さな体には負担が大きかったのだと思います。その年の夏を乗り越える事は出来ませんでした。最後の1日は一時も私と離れるのを嫌がり、夜に眠るように虹の橋へ向かいました。

チョコには本当に申し訳ない事をしてしまいました。楽しく過ごすために迎えたはずなのに、病院に行くばかりのつらい生活をさせてしまいました。

この罪は謝っても許されるものではないのだろうけれど、もし許されるのならば、もう1度チョコに戻ってきてもらって、直接罪滅ぼしをさせてほしい。そう思いながら泣いて暮らしていました。

そのうち、生まれ変わってもらう為には、どうしたらいいのか調べはじめていました。

年若い内に亡くなったのなら、すぐに生まれ変わってきてもらえる可能性が高い事を知ってからは、生まれ変わってもらう為に全力を尽くしました。

 

生まれ変わったペットと再会するための3つの条件

チョコとの再会の条件を調べまくって、私が納得して実践した事です。生まれ変わりについては、人によって考え方が違うことを了承していただいた上で読んでください。

1.飼い主側が会いたがっている

問題なくクリア!

 

2.ペット側が会いたがっている

こんな飼い主でも、チョコは私を好きでいてくれたからクリアしていると判断しました。

(ただ、ペット側が上に上がっているというのが条件です。飼い主さんが悲しみすぎていたり亡くなった事を受け入れられなかったりすると、ペットは飼い主さんを心配して上に上がっていけないのだそうです)

 

3.魂を送り出す上の人の許可

まず、生まれ変わる時期が適切かどうかがあります。長く生きた魂には、基本的に長い休息が必要だといわれています。チョコは早くに亡くなってしまったので、時期的な事での再会の可能性はあると思いました。

だから、後は上の人に、私がチョコの生まれ変わりの子を送り出しても大丈夫な相手だと思ってもらえるように努力しました。

家中を掃除しまくって、家の中の「気」を綺麗にしました。
禁酒・禁煙レベルの生活の改善を行ないました。
猫のユミともより良い関係が保てるように気をつけました。

そして、早く上にあがってもらって早く帰ってきてもらえるように、49日を過ぎてすぐに納骨をしました。

 

ココとの出会い

私は毎日夢を見ます。

ココと出会うまで、メッセージ的な夢を何度も見ました。

・上にあがる前のチョコが挨拶にきてくれました。
・○月○日にどこかにいるから探してね、と教えてくれました。
・受精した事を教えてくれました。(その夢で、再びデグーに生まれ変わったと知りました)
・生まれた事と、何処にいる予定かを、その地方の名産品と共に現れて教えてくれました。

そうしてその予告の○月○日、その名産品のある県のペットショップに行きました。ペットショップのサイトに入荷したデグーの写真を掲載してあり、その中に、チョコとしか思えない子がいたからです。

ショップで初めて対面したその子は、ケージ内で落下して片手をあげていたあの時のチョコと同じポーズをして座っていました。

ショップの人の許可をもらって、ケージの中に手を入れて軽く触れようとすると、私の手に飛び乗り、肩までかけ上がってきてくれました。

戻ってきてくれたんだ…!

もちろん生まれ変わりでなくても、ココは私にとって大切なかわいい子です。

でもこの出会いから、ココはチョコの生まれ変わりだと思っているしペットの生まれ変わりと再会はあると信じています。

虹の橋からのメッセージ

亡くなったペットは、飼い主さんに伝えたい言葉を伝えます。

人の口を借りる場合もあります。飼い主さんの耳に入る言葉や、目に留まる文章、そういうものを用いる場合もあります。

伝わるまで何度でも、繰り返し伝えてきてくれる事もあります。

私はチョコを幸せに出来なかった後悔で、その言葉に中々気が付く事が出来ませんでした。気付いた時には、何度も伝えさせてしまった労力への申し訳なさと、嬉しい気持ちとが合わさって、チョコがいなくなってしまった時と同じくらい泣きました。

ペットを大切に想い、生まれ変わってきてくれて再会したいとそんな気持ちでこのページに来てくれたあなたに

 

あなたのかわいいペットは

 

ありがとう

 

という言葉を伝えるために。このページを読ませているのかもしれません。

 

共感覚で感じるペットの魂について
共感覚とは、「視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚」などの感覚がはっきり分かれていない状態で得られる感覚です。 動物はこの感覚を持っていると言われています。人間でも産まれた時は五感が未分化な状態なのだそうです。通常は成長に伴い、五感が分離して...

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました