氣力強化で「楽」になれる

このような状態に効果があります。
「やる氣・元氣が出ない」「疲れやすい」「悩みがち」「仕事が苦痛」「自信が持てない」「HSP・エンパス」

詳しくはこちら

猫の糖尿病の判定は難しい!尿糖(+)だから病気とは限らない

検査スティック デグーと猫

糖尿病とは、治りにくく合併症も多い深刻な病気です。私が飼っているデグーが糖尿病になりやすい動物なので、糖尿病の事は常に意識していました。

なのに、猫の方に尿糖(+)が出てきてた時の事を書きたいと思います。

animal-1281641_1280

猫の糖尿病!?家の猫に尿糖(+)が出た話

家では定期的に尿試験紙を使用した検査を行なっています。

デグーと猫の家庭で出来る尿検査紙での検査のススメ
家庭での尿試験紙での検査の利点 デグーちゃんと猫ちゃんに健康でいてもらうためには、家での健康チェックが欠かせません。 食欲はあるか、毛並みはどうか、歩き方はおかしくないか、体のどこかをか気にしているような様子はないか、目の輝きはどう...

家の猫のユミは、尿中のストルバイト結晶が出来やすい上に膀胱炎に何度もなった事があります。なので尿潜血(血尿)があるかどうかを目的として検査をしています。

ある日いつものように検査して、尿潜血の部分が(-)なのを確認しました。今日も健康!良かった良かったーと喜んでいた所、糖の部分の色が変わっている事に気がつきました。

え?  尿糖(+)という事は糖尿病?? どうして??

ユミはスタイル抜群で太りすぎという事はありません。食事も気を使い、人間用の食べ物は勿論、猫用のおやつすらあげていません(禁止されているのです)

……あ、老化か。

ユミは美魔女なので忘れそうになりますが結構な年齢です。その尿糖(+)の結果が出たのは今年初旬の事なので、14歳目前でした。

猫の糖尿病の治療ってどんな事をするのだろうか?と調べていて、

尿糖(+)=糖尿病とは限らない

という人間の検査データの読み方からは想像も出来ないような事を知りました。

猫の糖尿病が尿糖(+)では診断出来ない理由

猫の血糖値の正常範囲は71~148mg/dlです(検査機関によって多少の違いはあります)

猫の健康診断について。血液検査のデータの見方やかかった費用など
少し前に猫のユミの健康診断に行ってきました。健康診断の結果が大丈夫だったので、ワクチン接種も済ませてきました。猫の健康診断でわかる事ユミのかかりつけの動物病院で診断してもらっている事です。1.体重測定前年度に比べてどうか。極端に増えた場合は

尿に糖が出るくらいになると300mg/dlを超えています。でも猫の場合は、ストレス性高血糖という、興奮したりストレスを強く感じると一時的に血糖値が高くなる症状が起こりやすいのです。これは健康な猫にもあります。

動物病院が苦手な猫は、検査しているその病院で一時的に高血糖になる事もあるので、血糖値の結果だけでは糖尿病と診断出来ません。

猫の糖尿病の診断方法

血糖値で診断出来ないなら、どうやって検査するの?という疑問が出てきますよね。

フルクトサミングリコヘモグロビンの数値を調べます。人間の糖尿病でも行なわれている検査で、長期間の血糖値を知る事が出来ます。

フルクトサミンの値で過去2週間、グリコヘモグロビンの結果で過去1ヶ月の血糖値の状態が解ります。これは人間の場合の事ですが、猫でも大体同じ様です。

これらの数値を調べる事で、糖尿病なのか一時的な高血糖なのかが判断出来ます。

 

猫の糖尿病の治療法

糖尿病がまだ初期段階なら、療法食による治療を行ないます。

療法食では治療が難しい場合はインスリンを使います。非常にデリケートで難しい治療になるので、病院選びはくれぐれも慎重に行なってくださいね。

もう失敗したくない!デグーと猫の動物病院の探し方
猫の動物病院の探し方 動物病院のことなら犬飼いさんに訊け! 犬飼いさん=犬を飼っている人…ってそのままですね。 とにかく犬飼いさんのネットワークは凄いです。 散歩に行く先で出会って仲良くなって「ラッシーママ」「ジョリーパパ」など...

家の猫の尿糖(+)

ストレスでの高血糖を考えて、すぐに病院に行く事をしませんでした。糖尿病の症状らしいものも見当たらず、尿糖も(+)~(+++)のうちの(+)だったのでまだ猶予があると判断しました。

期限を2週間と決めて、なるべくべったりと過ごすようにしました。

デグーと猫と幸せとホルモン(オキシトシン)分泌
久々の3連休。私はデグーと猫、特にデグーのココとべったり過ごしています。昨日は合計16時間くらい一緒にいました。普段はなかなかココが満足するくらいに一緒にいられないので、こんな時にこそ思う存分べったりしてもらうつもりです。前回の記事で、猫の

 

そうして徐々に尿糖の値は下がっていき、1週間のうちに結果は(-)になりました。その後の健康診断でも血糖値は正常範囲内です。


 

猫の血糖値が高くなると、水を飲む量が増えます。ユミは一時的な高血糖でしたが、たしかに少し水を飲む量が増えました。今までの2割増しくらいです。

尿路結石を患っている猫の場合、お水をあまり飲んでくれないと病状が悪化するかもしれないので心配になりますよね。だから水を多く飲んでくれると嬉しくなります。

なので、糖尿病の初期症状を見逃しやすくなってしまいます。水を飲む量が増えた場合は糖尿病の事も疑って観察してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました