家のデグーの誕生日ー(2歳と3歳の時の記事)

デグーと猫

ココは2014年9月生まれなので、2歳になりました。無事に育ってくれてありがとう!これからも元気でいてね。

71854038657c676c748a451

 

誕生日祝い

誕生日といえばやっぱりごちそうですね

ココは違いがわかる男(だばだ~♪)です。

バジルが大好きなのですが、スーパーで買ったものでは食べてくれません。そんなわけで有機栽培をしている農場のバジルを買い求めて乾燥させたものを用意しました。

さあ、今日は特別にたんと召し上がれ。

1472625152501
ココ:「うむ、うまい。バジルはやはり有機栽培でなくちゃね!」

2歳の健康チェック

1472625180554

バジルを食べている隙にしっかり体重を量られています。ココの体重は205g前後なので、ばっちりいい感じです。

 

1472635210709
尿試験紙でも検査しました。潜血も糖も(-)でした。良かったね。(デグーの尿タンパク反応はPHが高いための擬陽性だと思われます。それにデグーの場合はタンパクが出ていてもそれだけで病気とは判断出来ません)

デグーと猫の家庭で出来る尿検査紙での検査のススメ
家庭での尿試験紙での検査の利点 デグーちゃんと猫ちゃんに健康でいてもらうためには、家での健康チェックが欠かせません。 食欲はあるか、毛並みはどうか、歩き方はおかしくないか、体のどこかをか気にしているような様子はないか、目の輝きはどう...

誕生日にはプレゼントもあげたい

1471836365370
チモシータイプ??の猫じゃらしです(エノコロ草がモデルですが、デグー的には一番刈りチモシーの真似に見えると思う)どんな反応だったかは後日改めてアップしますね。

誕生日は好きな人に祝ってほしい

そんなわけで、ココが大好きな猫のユミにもお祝いしてもらいましょう!

1472536720958
ココ:「ユミおねえさん、僕2歳になったんだよ」

 

1472536708360
ココ:「2歳のお祝いに抱っこして!」

 

1472619106294
ユミ:「仕方ないなぁ」ひょいっ
ココ:「抱っこってこんなのだったっけ?」

 

今は夏なのでユミの機嫌が少し悪いようです(クーラーが苦手なので)。それでもひょいと肩に軽く手を乗せる感じの抱っこ?をしてくれました。
寒くなってきたら又抱き合って眠れるようになるからそれまで待っていようね、ココ。

1472668163314
後でまた甘えにいきました。それにしてもユミの顔をのぞきこむのが好きですね。

1472668213032
お腹の上で落ち着いてウトウトしはじめています。この状態のココに触ると「プープー!」と怒られます。邪魔しないでよ!って感じでしょうか。

あっという間の約2年間でした

デグーは、生後3ヶ月になるまでは突然死を迎えてしまう事があるそうです。言い変えれば、3ヶ月を過ぎればその危機を脱したという事でもあります。だから最初の2ヶ月(生後1ヶ月でお迎えしたので)は、繊細なガラス細工を扱うように緊張して接していました。

1年を過ぎて、重さも200gを超えるようになったので安心して相手が出来るようになってきてからは、もっとココをゆったりとした気持ちで見れるようになりました。

そうして日々面白い発見をさせてもらって気がついたらもう2年、という感じです。とにかく元気にわんぱくに育ってくれて嬉しい限りです。

家のデグーのココは9月頭に無事3歳になりました。

アップが遅れましたがココの誕生日の様子を書きたいと思います。

 


3歳の誕生日

3歳の誕生日のごちそう

1472625180554
これは去年の誕生日の写真です。ココの足元にあるのが家で乾燥させたバジルです。

ココはバジルが大好きなのですが、スーパーで売っているものは食べないので農園で買った物を用意しました。

その甲斐あって夢中で食べてくれました。

今回、バジル栽培セットで育てました。


育てる時間が足りなかったのでスプラウト状態での収穫になりました。


しかも生の状態の時にココが何度も味見?をしたので、出来上がった乾燥バジルはこれだけでした。


ココ:「バジルだ!いい匂い」


ココ:「うむ、うまい」


ココ:「モグモグ、うまいうまい」

量は少しでしたが、満足してくれたようです。

 

乾燥野菜は

デグーのおやつを手作りしよう!簡単手軽な乾燥野菜の作り方
家で乾燥野菜を作ろうかわいいデグーちゃんに手作りの物を食べさせたいデグーちゃんにも与えて大丈夫な、小動物用の乾燥野菜は色々販売されています。家でも、びわの葉・桑の葉・パセリ・オオバコ・タンポポは市販の乾燥野菜を利用しています。私が家でつくる

の記事での作り方で用意しています。

同居の猫のユミからのプレゼント

ココの誕生日の日は、9月上旬にもかかわらず肌寒い日でした。

猫のユミにココを上に乗せてくれるように頼むと、ココの顔を見ながら前足をひょこっひょこっと上げ下げしていました。

もしかしてこれは、

「抱っこしてあげてもいいのよ?」

という事か?とココをユミの腕の中に入れると…

久しぶりの抱っこをしてもらえました!

ユミからは抱擁のプレゼントです。ココはユミに埋もれつつ、うっとりしています。

(こういう時はココの感情が高ぶってユミに飛びつくかもしれないので、私が手でガードしています)

良かったね、ココ。

 

タイトルとURLをコピーしました