デグーの白い目やに、家の子の治療法と治療費について

デグーと猫

デグーの白い目やにの原因

1.結膜炎

ホコリや細菌などが目に入るのを防ぐ役割をしている、まぶたの裏側にある膜を結膜といいます。そこに炎症がおきる事で、白い目やにや白い涙が出る事があります。

炎症が起きる理由として、ウイルスによるもの、細菌によるもの。アレルギーによるものがあります。

目薬や抗生物質の飲み薬での治療をおこないます。

 

2.不正咬合

デグーは前歯だけではなく、奥歯も伸び続けます。前歯や奥歯が伸びすぎる事で、涙が通る管を圧迫してそこから細菌が感染し、涙嚢炎を起こした結果、白い目やにが出ます

この場合は抗生物質の投与と共に、歯の治療が必要になります。

 

家のデグーの結膜炎の治療法と治療費

初めての結膜炎

CIMG0093
家のデグーのココは、こんな感じでお目々ぱっちりです。

 

1466426736408

なのに、ある日こんな感じでショボついていました。

あわてて反対側の目を確認しましたが、そちらは相変わらずのぱっちりお目々です。

何が何だか分からずに、ただココの目を観察していました。そうしたら目の隅に、白い目やにがひょこっと現われたのが見えたのです。そしてその白いものはすぐに引っ込みました。

あ、これが話に聞いた事がある結膜炎かと思い、

家からそこそこ近い所に、うさぎやハムスターも診察してくれる評判の良い病院があるので、そこに連れて行きました。(私がデグーを診て貰っている病院は遠いのでデグーに負担がかかります。うさぎにもよくある症状なのでその病院で診て貰って大丈夫と思いそうしました)

もう失敗したくない!デグーと猫の動物病院の探し方
猫の動物病院の探し方 動物病院のことなら犬飼いさんに訊け! 犬飼いさん=犬を飼っている人…ってそのままですね。 とにかく犬飼いさんのネットワークは凄いです。 散歩に行く先で出会って仲良くなって「ラッシーママ」「ジョリーパパ」など...

簡単な問診の後、ココの目を中心にいろいろチェックしてもらいました。

牧草を主食にする動物は、牧草の粉や、付いていた土などが目に入り、アレルギーを起こして目やにが出る事が結構あるそうで、ココの場合もそれであろうという診察結果でした。

まだ症状は重くないので、5日も目薬をさせば治るとの事で、目薬のみを処方してもらいました。

デグーに目薬をさす時は、タオルでくるんで手に持ちます。ココは、タオルにくるまれるまでは逃げ回りますが、くるまれるとおとなしくなり、あきらめたような悲しそうな目でこっちを見ています。

とてもかわいそうな、申し訳ないような気分になりますが、これもココの病気を治すためなんだと心を鬼にするしかありません。タオルでホールドしつつの点眼を続けて、3日目にはぱっちりお目々に戻りました。(病院で5日と言われたので5日間は続けました)

治療費は、診察料1000円+目薬代1620円で2620円でした。

家のデグーの結膜炎の原因

病院から帰ってきてから、ケージの掃除をしました。床一面に敷いた牧草をのけると、いつもより多い量の細かい牧草のカスが残っていました。

牧草が残り少なくなって袋の底の部分の牧草をを使っていたのですが、良く見るとその部分に細かいカスがたまっていました。それをふるい落とさずにそのまま使っていたので、それがココの目に入ってしまったのですね。

それ以来、気をつけて牧草の粉をふるい落とすそうにしています。

皆さんも、牧草のカスや土が多いときにはふるい落としてから使用してくださいね。

1466445710539

「無理やり目薬さされたよー」と、ユミにすがり付いて甘えるココと複雑な気分のユミ
(私がユミに頼み込んでココをだっこしてもらったので)

 

14664457105391

↑ココの目に、目薬をさして塗れたあとが残っています。

 

結膜炎の再発

最初の結膜炎から3ヶ月くらいたった日の事です。私が、3年に1度レベルの大風邪をひいてしまいました。座っただけで頭痛と吐き気がするし、フラフラでとてもじゃないけれど、ココといつものように遊んであげる事は出来ませんでした。

毎日病院に注射をしてもらいに行っていました。

注射をしてもらった後の4時間くらいはなんとか動けるようになるので、その時間にココを肩の上に乗せながら掃除やご飯、お水の交換などの、最低限の世話をしていました。

そんな状態が5日程続いたある日、あの時のようにココの目がショボつき、隅に白い目やにが現われたのです。

その時は、とてもココを動物病院に連れていける状態ではなかったので電話で事情を説明して、目薬だけを出してもらいました。

治療費は、目薬代のみの1620円でした。

2度目の結膜炎の原因

最初の結膜炎以降、牧草はふるって使っていました。

ですが、ケージの外に出してもらえないココが怒ってかじり木をゴリゴリかじり続けて、床を木屑だらけにしていたのです。おまけに、その木屑+牧草の床を「僕の気持ちなんて! 僕の気持ちなんて!」と激しく堀りおこしまくって、くずを撒き散らしていました。

いや、そんな事してれば目にゴミが入りまくるってば。

その様子を想像するとかわいらしくも思いますが、それで結膜炎になってしまうなんて笑えないです。


 

デグーの健康の為には飼い主が健康である事が大切だと痛感した出来事でした。

タイトルとURLをコピーしました