デグーに血尿━尿潜血(+)が出た時の話

検査スティック デグーと猫

デグーに尿潜血反応がある時、考えられる原因

1.細菌感染による炎症

膀胱炎に代表される尿路感染症。
腎臓や尿管、膀胱などが、細菌に感染することにより出血し、その血液が尿にまざります。

2.尿路結石

尿路とは、腎臓・尿管・膀胱・尿道の、尿が出来て外に出るまでの器官の総称です。その尿路のどこかに結石がひっかかり傷ついて出血します。

人間の場合では
石が小さい場合ー水をたくさん飲んで石を外に出す。
石が大きい場合ー衝撃波を当てて石を砕く、もしくは摘出手術。

となりますが、デグーの場合はどこまで治療が可能なのかはわかりません。

3.良性腫瘍・悪性腫瘍

尿に血が混ざるということは、尿路で腫瘍が発生している可能性があります。

出来物が出来て腫れて血が出ている、という事なのでこの段階ではその腫瘍が良性なのか悪性なのかの判断は難しいと思われます。

4.尿道口付近の傷

体外の傷の血が尿に混ざった場合も尿潜血陽性反応が出ます。

5.落下事故などによる怪我

外から見て何もなさそうでも、筋肉や内臓が傷ついた場合は尿潜血陽性反応がみられる場合があります。

 

家のココの場合

おやつに高野豆腐をあげてみました

※デグーの尿路結石はカルシウム過多が原因となる事が多いです。その事を踏まえてこの記事を読んでください。

晩御飯に高野豆腐の煮物を作ろうかな?と取り出したときに、ふとペットショップの小動物担当の人が言っていた言葉を思い出しました。

「家のデグーに高野豆腐を乾燥したままあげているんですけど、すごく喜びますよ」

思えば今まで一度も高野豆腐をあげた事がないなあ、と小さく切ってココに差し出すと、くんくん匂いをかぎ、両手でつかんでぱくっ

「キュウウウウウゥゥーー!(うーまーいーぞー!)」

今まで聞いた事のないような歓喜の声をあげて、ピルピル言いながら食べています。異変を感じた猫のユミがようすを見に来ると
「キィーーーーーー!(これ、僕のなんだから取らないで!)」
と目を大きく開けて威嚇するしまつ。

いや、ユミは高野豆腐は食べないよ。というか、いつもならユミが近づいて来たら喜びますやん?

まぁこれだけ大喜びするならあげて良かったなぁと思いました、この時は。その2日後にも、ココのご機嫌取りに高野豆腐をあげました。

気になって尿検査をしました

高野豆腐を最後にあげてから3日後。高野豆腐って、カロリー高いし尿糖は大丈夫かなぁと思い尿検査紙を使って検査してみました。(今思えば、カルシウム過多の尿路結石か、たんぱく質の取りすぎでの腎臓系の病気を心配しろって感じですが…)

家のココの尿検査をする時は、尿糖を疑っておこなっているのでその部分の色の変化を見ています。

尿糖は(-)、正常で良かった良かったと思いつつ他の部分を見ると尿潜血の所に(+)の反応があります。男の子だから擬陽性?いや、あれは尿蛋白だし…(どちみちデグーの尿蛋白は検査紙では検査出来にくいようです)

もう一度、潜血反応を見るために検査すると、潜血反応は(+)と(++)の間くらいでした。

1週間前くらいに検査した時には(-)だった事を考えると、可能性が高いのは尿路結石…、デグーの場合はカルシウム…

高野豆腐かーーーー??!!

パセリやオオバコなどの、カルシウムが多いおやつをあげることもあるけれど、この1週間で特に量を増やしたものはなし。考えられるとすれば、高野豆腐しかありません。

ただ、ラッキーな事に早期発見出来ています。普通に考えれば、結石が出来た原因のものを控えると、そのまま排出されて治ります。

私が信頼しているデグーの病院は少し遠い所にあり、電車移動でストレスがかかります。その上、その日は先代の子を見てくれていた先生が休みの曜日。その時の時刻は午前3時(←仕事の都合で早起きなのです)。いつもの先生に診察してもらえる明日の夕方まで様子を見よう。

(※デグー等の小動物で、「様子を見る」というのは大変危険な事です。その他の事情も考え合わせて慎重な判断をお願いします)

その日の夜には尿潜血(+)、翌日早朝には(+-)それ以降、しばらくは毎日検査していましたがずっと(-)のままで今も再発はありません。

それにしても、あげた高野豆腐なんて小さなものだったのですが、ココは他のデグーに比べてカルシウム許容量が少ないのかもしれません。

 

追記
“カルシウムパラドックス”といってカルシウム摂取量が少ないために骨からカルシウムを排出し、かえって血中のカルシウム濃度が上がり結石が出来る場合があるそうです。デグーにも考えられるので、あげすぎはダメですが、制限しすぎるのも問題があります。

タイトルとURLをコピーしました