デグーの水槽型ケージのレイアウトを冬用に変更しました

デグーと猫

寒くなりました。(って、こればかりですね。我が家は全員寒がりなのです)昨日の朝は室温が21度になっていて、あまりの寒さに「絶望した!」と叫びたいくらいの気分でした。

家の猫も肌寂しくなり、私となるべくくっついていたがります。そんな猫の暖房の話も近々書くつもりです。

そして昨日家のデグーのケージを、暖房器具を追加した冬仕様に変更しました。今日の記事は。そのレイアウトしたケージのご紹介です。

デグーの水槽型ケージのレイアウト(冬バージョン)

家の水槽型ケージの暖房として、ケージの下に電気座布団を敷いています。

デグーの水槽型ケージの温度管理(夏の場合)
我が家では、デグーのケージは水槽型を使っています。デグーのココも私も気に入って使用していますが、問題点もあります。 デグー用のケージ内で使う用品の多くは、金網型ケージを想定しています。そのため、水槽型ケージ内に設置するには、多少の工夫...

それに、さらにペットヒーターを追加します。


マルカン 保温電球カバー付 40W HD-40C/★税抜1万円以上で送料無料(北海道、沖縄、一部地方除く)★

これは、初代のデグーをショップでお迎えした時に、デグーを家で飼っているというショップの人のおススメで購入しました。

40wが暖かさ的にも丁度良いとの事です。

さてこのペットヒーターですが、電球を囲っているカバーの金属部分を触ると熱いです。ショップの人は、

「熱いと解ればデグーはその部分を触らない」

と言っていましたが、やっぱり凍える程寒い日には近づき過ぎてしまうのでは?と心配になります。それと、電球が割れるという事故もあるようなので、100均の植木鉢でカバーを付けています。

 

1476493780944
このヒーターを、

1476493795101
プラスチック製の100均の植木鉢で、さらにカバーします。

1476493813197
上から見るとこんな感じになります。

 

1476498759574
ヒーターを追加する前のケージです。パンテオン ホワイト WH9045を使用しています。

 

1476498859002
ヒーターを、ケージに付いている金具に引っ掛けます。植木鉢は…

 

ツリーステージの上の段のステージに支えてもらいます。

 

1476499072536
設置したヒーターの横にハンモックを取り付けました。ヒーターの近くで寝たい時に使ってもらいます。

ハンモックは手作りしています。

デグー用ハンモックの作り方【安全重視】
デグーのハンモックの作り方です。 私は適当かつ不器用ですが、こんな私が作ったハンモックでも家のココは喜んで使ってくれます。そんなハンモックの作り方書いていきたいと思います。 家の初代のデグーが、ハンモックの金具に引っかかって事故...

デグーの水槽型ケージのレイアウトの夏と冬の違い

デグーの水槽型ケージのレイアウト(夏バージョン)
我が家のデグーケージ パンテオンホワイトWH9045(三晃商会)を使用しています。大きさは幅90,5cm×奥行き45.5cm×高さ45.0cmです。重さは20kgもあります。 価格はネット通販で24000円弱でした。正面と背面はガラ...

↑の記事に、我が家の水槽型ケージのレイアウトの具体的な方法も書いていますので、興味のある方は是非読んでみてくださいね。

その夏のレイアウトに、ヒーターとハンモックを追加しただけなのが冬のレイアウトになります。後は、ツリーステージの位置や向きを、ヒーターのカバーである植木鉢を支えるように変えているくらいです。

真冬になると、ケージの上に電気毛布をかぶせます。大阪でも、さすがに真冬はデグーちゃんにとっては寒さが厳しいので、これくらいして寒さをしのげる感じです。

今はまだ昼は暖かいので、ペットヒーターは夜中に少しだけ稼動させる事になります。


気温の変化が激しいので皆さんも、皆さんのペット達も体調を崩さないように気をつけてお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました