デグーの冬の温度管理━我が家の水槽型ケージでの方法

デグーと猫

冬が近づいてきています。朝は本当に寒くて、暖房なしでは辛くなってきました。

デグーちゃんは体が小さいので、寒さによってすぐに低体温症になってしまう等の命にかかわる問題が出てきます。

しっかりと温度管理をしてあげて、デグーちゃんに冬でも健康で快適に過ごしてもらいましょう!

デグーの水槽型ケージの温度管理(冬の場合)

夏の温度管理についてはこちらの記事をどうぞ。

デグーの水槽型ケージの温度管理(夏の場合)
我が家では、デグーのケージは水槽型を使っています。デグーのココも私も気に入って使用していますが、問題点もあります。 デグー用のケージ内で使う用品の多くは、金網型ケージを想定しています。そのため、水槽型ケージ内に設置するには、多少の工夫...

 

この前、家のデグーのケージのレイアウトを夏用から冬用に変更しました。

デグーの水槽型ケージのレイアウトを冬用に変更しました
寒くなりました。(って、こればかりですね。我が家は全員寒がりなのです)昨日の朝は室温が21度になっていて、あまりの寒さに「絶望した!」と叫びたいくらいの気分でした。 家の猫も肌寂しくなり、私となるべくくっついていたがります。そんな猫の...

 

1476672011939

上から見ると、こんな感じになりました。下側が出入り口です。
ケージはパンテオン ホワイト WH9045を使用しています。

 

1465090049405
このように、ケージの底の半分にあたる部分に電気座布団を敷いています。底のガラス面ごと暖める感じになります。

 

14768522070211
ケージの床半分がぬくぬくになります。床の温度は25℃~28℃になるようにしています。

1476852207023
寝床の位置と温度計の位置です。(こんなのでおわかりいただけただろうか…?)

温度計を寝床と同じくらいの温度の場所に置いているので、これを見れば寝床の床部分の温度が解ります。

14768522070212
さらに追加したヒーターで、写真の右上あたりも暖かくなります。このヒーターの横にハンモックを置いておくので、好きな温い場所(寝床でもハンモックでも)で寝る事が出来ます。

さらに真冬になると、上から電気毛布をかけます。両サイドのメッシュ部分を覆うのと、小屋自体を少し暖めるのが目的です。

デグーちゃんは視界を完全にさえぎられるのはあまり好きではないようなので、正面のガラスの部分は何もかけません。

デグーの水槽型ケージの暖房のポイント

暖かい場所と同時に涼しい場所も用意する

寒いからといって完全にぬくぬくにしてしまうと、デグーちゃんが「ちょっと暑いなー」と思った時に逃げる場所が無くなります。

家のケージでは、左半分はあまり暖房を使わないようにしています。

そうすれば、留守中に思いの外暖房で暖かくなり過ぎた時や、デグーちゃんの気分や体調で、いつもの温度でも暑く感じてしまう時などに、涼しい場所に逃げる事が出来ます。

暖房はダブル(もしくはトリプル)使いで

床が冷たいと、体が芯から冷えやすいので何らかの形で床暖房は用意してあげるのが良いと思います。

家で使っている電気座布団は1時間あたりの電気代は0.4円なので

0.4円×24時間×30日=288円

なので、月300円くらいの電気代なら余分に出してあげても余裕です。

金網型ケージなら

【数量限定】GEX ホッと2WAYヒーター Mサイズ うさぽかヒーター

こういうものが床暖房になりますよね。

それに、もう1つ別タイプの暖房を用意してあげると、その時に温まりたい方法を選べる上に万が一の暖房器具の故障の時も安心です。(これは私が心配性過ぎるのかもしれませんが)

 


家の猫のユミもユミ専用の電気座布団の上が定位置になるので、家では大活躍の暖房です。部屋全体を暖めるのは、人間が居る時のみ使用の石油ファンヒーターです。

タイトルとURLをコピーしました