飼い主が病気になった時ベタ慣れデグーのお世話はどうしたか?

デグーと猫

 

 

病気になった時に、同居の家族にデグーちゃんのお世話を頼めたり、預かってくれる先があるととりあえずは安心ですね。

ですが家のように1人暮らしかつ、預かってくれる相手が近くにいない場合は自力でなんとかしなくてはいけません。

今回の記事では、私が2週間寝込んだ期間ベタ慣れデグーの家のココのお世話をどうしたかという実体験を書いていきたいと思います。

今年の夏に私が病気で寝込んだ話

今年の7~8月にかけての事です。

ベタ慣れデグーのココ↓

の飼い主の私が、アデノウィルスに感染してしまいました。

所謂 はやり目 です。

目はパンパンに腫れ、リンパはゴリゴリに固くなり熱も出て体がだるくなりました。

慌てて目医者に行ったところ、

全治一か月という診断が下りました。

 

家のデグーはベタ慣れ過ぎて、私が寝込むと結膜炎を再発したり

デグーの白い目やに、家の子の治療法と治療費について
デグーの白い目やにの原因 1.結膜炎 ホコリや細菌などが目に入るのを防ぐ役割をしている、まぶたの裏側にある膜を結膜といいます。そこに炎症がおきる事で、白い目やにや白い涙が出る事があります。 炎症が起きる理由として、ウイルスによるも...

具合が悪そうな様子をみて不安になり。「チュン!チュン!」と叫ぶような子です。

しかもアデノウィルスには治療薬がないため目薬を差して炎症を抑えるぐらいしか対処法はなく、自然に治るのを待つしかないとか…。

 

\(^o^)/オワタ

 

という絵文字が頭に浮かびました。

 

体がだるい時にベタ慣れデグーと過ごした方法

家のココは、私が家にいる間はなるべく長時間一緒にいる事を望みます。ですが飼い主側が体がだるい時は、とにかく横になって寝ていたいです。

だからといって、一緒に布団で横になるのは危険すぎます。

そこで

こんな事もあろうかと、偶然にも病気になる直前に購入していた

リクライニングチェアで寝ころんで過ごしました。

ココに肩下のあたりで寝てもらい、上から私の手の平を包み込みようにそっと乗せていました。

これなら寝がえりで敷いてしまう心配もありません。

そんな状態で家のココと一緒にウトウトしていました。まどろむ程度ならココが起きて動き出してもすぐ解るので安心です。

時折ケージに戻して、水を飲んだり回し車で運動してもらう時間を作りました。

 

そして病気の時には猫の手も借りていました。


ユミ:「え?お腹の上で寝るの??」

これは普段からデグーの守りをしてくれている家の猫くらいしか頼めない事ですね。

家のココは、大好きな猫のユミとスキンシップをとると気持ちが落ち着くのでお願いしました。

 

食事や水、ケージの掃除はどうしたか?

水はいつもの通り日に1度の交換。これだけはしっかり行いました。

食事は、ペレットについてはいつも手渡しであげているのでこれもいつも通りです。リクライニングチェアに寝ころびつつあげていました。

牧草は一日一回、ケージの中に追加しました。

 

いつも通りに出来なかったのはケージの掃除です。

牧草を追加するだけで、古くなった牧草を取り除く事もしていません。ましてや拭き掃除などは無理でした。

デグーの水槽型ケージの掃除方法―我が家の場合
掃除の頻度私がやっているのは以下の通りです。毎日している事ウォーターボトルの洗浄と水交換牧草の追加足場などが汚れていれば拭いたり敷いた布を取り替える週2回の掃除敷いている牧草の総入れ替え拭き掃除回し車の水洗い寝床の布の入れ替え月1~2回の掃

 

そんな状態で1週間が過ぎました。

その後、牧草を全交換して軽く拭き掃除をしました。かけた時間は10分ほどです。

ケージにレイアウトしているものまでの掃除は出来ませんでした。

 

2週間はこんな感じのお世話になりましたが、ココの体調や機嫌が悪くなる事もなかったので、短期間ならこれくらいの手抜でも大丈夫なのかもしれません。

ケージ内にいる時間がいつもより少なかったので汚れが少なかった事も関係していると思います。

病気が治ったその後

私は水素が効く体質なので、

水素水で目を洗い、水素吸入を長めにしていました。少し体が動くようになってからは水素風呂にも入っていました。

その甲斐あってか2週間で完治しました。医者もびっくりです。

 

今までのココは、私が昼寝をすると怒っていました。寝るのは暗くなってからという認識があるようです。(一緒にいる時間に関係なく、暗くなってから寝るのは怒らない。でも「一緒にいる時間が少なかった」とココが感じた時は翌日の朝に怒ります)

2週間昼夜問わず寝たり起きたりの生活をしていたおかげで、昼間に飼い主が寝ても夜には一緒に居る時間は確保してもらえるという事が解ったようで、それ以降昼寝をしてもぶち切れなくなりました。

仕事も2週間休んでいたのですが、久しぶりに出勤の為に起きて準備をしていたら、ケージの隅でぶんむくれていました。

家のデグーの怒りは5段階ある説
デグーは感情が豊かな上に表現する能力も高い生き物です。 同じ「怒り」でも、その怒りがどれくらいなのか細かく表現してくれるので、その怒りに合わせてご機嫌をとる事が出来ます。 今回の記事では、家のデグーのココの怒りの表現方法...

↑の記事での 「家のデグーの怒り段階4:交渉拒否」

の状態になりました。

私が毎日家にいた事で、毎朝出かける(←仕事に行く)のをやめたと思ったのでしょうね。なのに今までのように用意しはじめた事で怒ったと。

 

太字で書いた部分のデグーの「認識」だけでも、あんなにちいさいのに頭がいいよなぁと改めて感心してしまいます。

 


家の場合、猫の世話はあまり手間がかかりません。

水とフードを容器に毎日入れ、システムトイレを一日1度チェックして必要なら掃除するだけで済みます。後は一緒に寝るくらい。

なのでデグーのお世話についてのみ書きました。

タイトルとURLをコピーしました