氣力強化で「楽」になれる

このような状態に効果があります。
「やる氣・元氣が出ない」「疲れやすい」「悩みがち」「仕事が苦痛」「自信が持てない」「HSP・エンパス」

詳しくはこちら

猫VS犬!家のデグーはどちらのタイプ?

デグーと猫

 

猫派と犬派等、猫と犬はよく並べて比較されますよね。

デグーは「小さい猫」と言われる事もあり、しぐさが猫っぽい所が多々あります。ですが実際に暮らしてみると、フレンドリーな犬っぽい所もあるなという事も感じています。

今回の記事では家のデグーのココと接していて私が感じた、猫っぽい部分と犬っぽい部分を書いてみたいと思います。

猫も犬もいろんなタイプの子がいますが、こんな子が多いかな、くらいに見てくださいね。

家のデグーの猫っぽい所

体のやわらかさ

猫の体が柔らかいのは関節がよく伸びるからなのだそうです。

猫は前足と背中の筋を伸ばしつつ歩き、さらに耳の筋肉までストレッチしたりします。

家のデグーのココも寝起きに同じ様な事をする時があります。

 

あと、こんな感じにハンモックの上などでごろんと寝たりしますよね。

こんな仕草を見ているとデグーちゃんも関節も伸びているのかなーと思ってしまいますね。

 

帰宅が遅くなった時の出迎え

いつもよりも帰宅が遅くなった時、猫の場合は怒る子が多いです。

「何処にいってたのー!何してたのー!待ってたのにー!」といった感じにとひとしきり怒った後、寂しかったの―と甘えてきてくれます。

犬の場合は大喜びで出迎えてくれます。

「わーいおかえりーおかえりー、帰ってきてくれたんだねーー!!」としばらく喜んだ後、
「で、何処に行ってたの?」と尋問が始まったりします。

 

家のデグーの場合は

「酷いよ酷いよ! ずっと僕を待たせてるなんて!」とぶち切れです、ケージの中が荒らされている事もあります。そして怒りが収まるとべったり甘えてくれます。

完全に猫タイプですね。

 

高い所で器用に寝る

猫は細い棒が渡している上で寝ていたりします。落ちないのかなーと思うよりも「何故そこを寝る場所に選んだ!?」と問い正したい気持ちになります。

さて、家のココですが、


上から見たハンモックとペットヒーターです。

そこにこんな感じで寝ます。「猫か!」と思いました。

家のデグーの犬っぽい所

芸達者

デグーに芸を教えたら、すぐに覚えてくれました
デグーはとても芸達者 デグーはいろいろな芸を覚えます。 有名なところで、 ・ペットボトルのふた開け ・ビンのふた開け ・お手 ・おまわり ・輪くぐり 後、芸というよりはしつけに近い感じになりますが、名前を呼んだら来る...

家ではペットボトルの蓋開けぐらいしか教えていませんが、それこそあっという間に覚えてくれました。

芸達者なデグーちゃんは、ミニサーカスが開けるのではと思う程いろんな芸をしてくれますね。

ハイテンションに楽しいという状態が好き

猫は「まったり穏やかに幸せ」という状態を好む子が多いです。

犬は、特に若くてフレンドリーな子は「楽しい!」というのを共有して喜んでくれます。

家のココですが、私の服の中から家事を見学していて楽しい気分が高まってくると、「ピルピルチュイー!」と興奮気味に鳴きながら顔をよじ登ってきます。(かなり痛い)

私が好きな音楽の映像を見て楽しんでいる時は、肩の上から顔を覗き込んできます。それで私が楽しんでいる事を確認して、機嫌がいい時の歯ぎしりをしています。

こういう部分は犬っぽいなーと思っています。

呼ばれると走ってくる

猫は呼んでも中々素直には来てくれません。(美味しい物をもらえる等のメリットがあれば別ですが)

来てくれても、ゆっくり「用事はなあに?」といった感じにやってきます。

元気で素直な犬なら、呼ぶなりこちらに駆けてきてくれます。

家のココは室内散歩中でも

コンコンとそこら辺をノックしてから「ココちゃーん!」と呼ぶと飛び跳ねながらこちらに来てくれます。

これも犬っぽい行動ですね。

総括

どちらタイプというわけではなく、どちらの要素も持っていますね。

個人的には、猫のような仕草のかわいさと、犬の素直さを兼ね備えているのかなーと思っています。

 


 

どっちを選べどデグーのように生きていくだけ!

 

タイトルとURLをコピーしました